設置個所と互換性

車を売却するならhttp://www.xn--88j8axfg7975b94g1m2h.com/
 
テクスチャー14車種ごとに車内用のカフェトレイを使う場合には設置場所や互換性を考えなければなりません。メーカーの純正品と、その他メーカーで汎用性があるタイプが販売されていますが、メーカーの純正品は互換性について間違いありませんが、費用の面で高くなる傾向があります。それに対して、一般の汎用性のあるカフェトレイであれば、カーショップやインターネットのショッピングでも簡単に購入することができますが、実際に互換性に問題がないか、ということは事前に自分でチェックする必要がでてしまいます。
このあたりは、購入前に説明をチェックすれば分かりますが、大きさや使い勝手などは写真からのイメージになってしまうので、実際に使うときに不便な感じを受けてしまうかもしれません。また、基本的に設置場所は運転席にはハンドルがあるために、設置することができないため、助手席や後部座席の前に設置する形になります。以前はプラスチック製のものがほとんどでしたが、最近では自然な感じを演出する木製のトレイも登場してきているので、車のイメージや好みによって使い分けてみるのもオススメです。食事をするときに便利ですし、食べ物を車内にこぼすことが無くなるので衛生的です。